スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暴力団観戦、理事会で処分検討開始…相撲協会(読売新聞)

 昨夏の大相撲名古屋場所で暴力団幹部らが一般では入手できない維持員席で観戦していた問題で、木瀬親方、清見潟(きよみがた)親方(64)(元前頭・大竜川)の処分などを検討する日本相撲協会の理事会が、27日午後1時から、東京・両国国技館で始まった。

 理事会では、両親方に説明の機会を与えた上で処分を決める。理事会で決議できる処分には、けん責、給与減額、出場停止、番付降下、解雇の5種類がある。

 国技館には、理事たちが続々と姿を見せた。木瀬親方は同日午後0時20分頃、東京・墨田区の木瀬部屋の前で報道陣に対し、「いかなる処分も受ける覚悟だ。(清見潟親方は)今回の件については全然関係ない。席を頼まれたのは名古屋場所だけ」などと話した。清見潟親方は正午過ぎに同区内の自宅を出る際、「きちんとしゃべります」と硬い表情のまま車に乗り込んだ。

 ◆野球賭博問題で琴光喜関から聴取◆

 野球賭博疑惑にからみ警視庁から事情聴取を受けた大関琴光喜(34)(佐渡ヶ嶽部屋)も、理事会に出席し、事情聴取を受けた。

<メダカ>卵巣に生殖幹細胞 基礎生物研が発見(毎日新聞)
宮崎9市町長、口蹄疫ワクチンに同意せず(読売新聞)
口蹄疫 最上級種牛を殺処分 ワクチン接種開始(産経新聞)
裁判員制度 裁判官も「良い経験」…東京高裁で意見交換会(毎日新聞)
予防接種法の抜本改正でヒアリング実施へ
スポンサーサイト

車に振り落とされ男性死亡=侵入男逃走止めようと―2人出頭、逮捕状請求・京都府警(時事通信)

 16日午前5時15分ごろ、京都府福知山市堀のアパート1階に住む派遣社員の男性(38)から、自宅に男が侵入したと110番があった。男は乗用車で逃げようとしたが、男性の家族から連絡を受けた近所の無職北野孝さん(59)が車にしがみ付き、約150メートル走ったところで振り落とされた。北野さんは搬送先の病院で死亡した。
 府警福知山署が殺人、住居侵入事件として捜査していたところ、現場から車で逃げたとみられる男2人が同署に出頭。男は「部屋を間違えた」と話し、侵入を認めているという。同署は17日未明に殺人などの容疑で2人の逮捕状を請求、同日中にも逮捕する。 

【関連ニュース】
16歳高校生を強姦容疑で逮捕=アパートに侵入、32歳女性襲う
「強盗」演じ、復縁図る=私立大生の男2人逮捕
住居侵入容疑で海自隊員逮捕=「空調工事に来た」と言い訳
高級住宅に空き巣30件か=容疑で韓国人10人逮捕

小沢氏、証人喚問出席「考えておりません」(産経新聞)
庄野真代、出馬会見で「飛んでイスタンブール」熱唱(スポーツ報知)
政府対策本部を設置へ=首相が本部長―口蹄疫被害(時事通信)
中大で替え玉受験 合成写真見抜けず、合格取り消し(産経新聞)
民家に高齢男女の遺体 山梨・南アルプス市(産経新聞)

法律相談めぐり綱引き 「士業」が連携サイト、弁護士増に対抗(産経新聞)

 司法制度改革で急増した弁護士が、これまで敬遠していた小さな仕事も受任するようになったことに対抗して、司法書士や行政書士などの弁護士以外の「士業者」がインターネットサイトを使い連携しあう動きが活発化している。関西の士業者による交流会は税理士や社会保険労務士など10士業者による横断型の検索サイトを立ち上げた。当初は弁護士も参加していたが、弁護士会が「非弁だ」とクレームをつけるなど、お互いの「職域」をめぐる綱引きが激化している。

 弁護士白書によると、平成21年3月現在の弁護士数は2万6930人で10年前の約1.5倍に急増。この結果、これまで弁護士が受任することが比較的少なかったとされる従業員の不当解雇や交通事故のトラブル、養育費の支払い請求など、報酬が数万円程度の案件も積極的に受任する若手弁護士が増えているという。

 一方、弁護士以外で法律にかかわる士業者は司法書士や行政書士のほか、税理士、公認会計士、社会保険労務士など多岐に渡る。しかし、それぞれの担当業務が熟知されているわけではなく、依頼者はだれに相談すればよいか分からず、探し方も知らないのが現状だった。

 こうした中、大阪や神戸の若手士業者らでつくる「関西士業交流会」を主宰する社会保険労務士の天野勝規さん(33)が顧客の開拓と利便性向上を図ろうと、20年2月に士業者検索サイト「まほろば」を開設。現在は税理士や社会保険労務士など10種類の士業者約250人が登録し、毎月2万人が閲覧するまで成長した。

 まほろばには当初、弁護士も登録していたが、士業者の非弁活動をめぐり監視を強めている大阪弁護士会が「弁護士の選定に関与すれば非弁活動にあたる」とクレーム。このため、今年1月末に弁護士の登録を抹消した。

 職域をめぐって「弁護士」対「他士業」の構図が鮮明になる中、まほろばのメンバーは士業者同士のネットワークを生かした「ワンストップサービス」にも乗り出した。例えば、依頼者から遺言の相談を受けた司法書士が、サイトに登録している税理士に相続税の相談を引き継ぐなど、顧客の“囲い込み”で対抗している。

 天野さんは「今後はインターネットにとどまらず、別の士業者同士が事務所を合併するなどつながりを深めることで『ワンストップ化』をより強化する流れになるのでは」と話している。

【関連記事】
ワンストップ・サービスで「支障」6割…自治体は嫌々?
失業者の相談 ワンストップ・サービスの前途は多難
関西の主体「最終的には道州制」と橋下知事
「便利」「生活保護の申請も一緒に」新サービスに利用者続々
「高差」「うちこ」隠語は健在…警視庁ネットハンターが狙う闇サイトの“急所” 
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

<殺人未遂容疑>交際男性の胸刺す 45歳女を逮捕 東京(毎日新聞)
新種の翼竜化石発見=あごに多数の歯-米大学(時事通信)
爆発物騒ぎで、男を逮捕=ハローワークに包み置く-長野県警(時事通信)
桟橋方式は工期7年、費用1.5倍=埋め立て・浮体式も併記-修正案(時事通信)
死体遺棄 草むらに男性遺体 愛知・半田(毎日新聞)
プロフィール

Author:あだちひさこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。